スワップポイントとは?

スワップポイントについて解説します。

◆スワップポイントとは

スワップポイントとは、2カ国間の金利差で発生する利益のことです。

◆スワップポイントの仕組み

FXでは基本”安く買って高く売る”ことで利益を出します。
しかしスワップポイントは買って売るまでの間スワップポイントとして利益を得ることができます。

手順は下記の2ステップととてもシンプルです。

・ステップ1
金利の低い国の通貨を売って金利の高い通貨を買う
・ステップ2
買った高金利通貨を決済せずに持っておく(保持しておく)

この2ステップを踏むだけで毎日取引量に応じた利益があなたの口座にプラスされていきます。

もちろん運用資金と金利次第では「うまい棒」→「牛丼」→「うな重」のように毎日受け取ることができるスワップポイントも増やしていくことが可能です。

ここで金利の説明を少し挟みます。
金利とは「利子・利息」のことを言います。

金利は超簡単です。
例えば
日本の金利が1%
オーストラリアの金利が4%

ここでの金利差は3%なので、スワップを受け取るために100万円分の日本円(JPY)を売って100万円分のオーストラリアドル(AUD)を買うと、
1年後には100万円に金利3%の3万円がプラスされて利子となりあなたの元へ変えてきます。

FXではこの1年後にもらえる金利を1日単位で受け取ることができ、
100万円で金利3%であれば1年後に3万円なので365日で割って1日で82円のスワップポイントを利益として受け取ることが可能です。

◆まとめ

・国が定めている金利は他の国と差があり必ず金利に差が生じる
・スワップポイントは金利差を利用した取引で1年後に受け取ることができる金利を日割りで毎日受け取ることが可能
・スワップポイントを得る為には、低金利国の通貨を売って高金利国の通貨を買い、保持し続ける必要がある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です