レバレッジとは?

レバレッジについて解説します。

◆レバレッジとは?

レバレッジとは、少ない資金で何倍もの資金を証券会社に借りて運用できる制度のことです。

◆レバレッジの仕組み

為替相場が1ドル=100円で1,000通貨取引をするとしたら、
レバレッジ1倍、通常であれば10万円の資金が必要です。

ここでレバレッジが活躍します。
レバレッジ10倍で仮に運用するとしたら、
10万円が必要だった取引が1万円で10万円分の取引ができます。


レバレッジの計算式は下記の通りです。
運用したい資金の額÷レバレッジ倍率
=あなたが用意する資金


よく聞く「FXは4,000円から始められる!」と書いてあるのも
1,000通貨取引(10万円の取引)にレバレッジ25倍を効かせた後の金額ということになります。

日本では法律でレバレッジ25倍が最大の倍率になっています。
外国のFX会社は現在888倍のレバレッジを効かせられる証券会社も存在します。
ちなみに僕は海外の証券会社を利用しています。

このように投資において倍率が25倍、海外では888倍も効かせることができるのはFXだけです。

少額から1億まで稼ぐのに最も適したビジネスモデルは
僕はFXだと自信をもって言えます。

◆レバレッジのデメリット

レバレッジは上記でお話したようなメリットだけではありません。
勿論デメリットも存在します。

そのデメリットは、
レバレッジ倍率を上げるほど利益率が高まるということになります。

これはメリットでもありデメリットにもなりえます。
要は上手く利用すればメリットになり、下手に利用すればデメリットになるということ。

レバレッジは小さい資金で大きい資金を運用しているため、
1円の値動きで発生する利益・損失は大きい資金で取引した利益率と同じになるため
少しの資金を口座に入れて大きい取引をしてしまうと
少しの値動きですぐにロスカット(損切)になってしまいます。

投資の世界で最も重要なのは
総資金に対してどれだけの取引をするか?です。


ここを一つでも間違えればいつまでたっても資産は増えません。

◆取引に用意したお金以上に負けたら?

例を準備しましたので一緒に確認していきましょう!

例)
・為替相場は1ドル=100円
・資金が2万円で取引に1万円使う
・1,000通貨取引をレバレッジ10倍で運用する
という条件で考えます。

為替相場が1ドル=100円から1ドル=90円に下がりました。
1通貨辺りの価値が10円下がることになります。
通貨を1,000通貨持っていたので、
合計1万円の損失になります。
※理解できなかったら何度もゆっくり読み返してみてください。

この場合口座には1万円用意していたが1万円の損益が出たので
これ以上損失が出ると口座に預けていた資金以上の損失がでます。

言うなれば借金を背負うことになります。
ここでFX会社によって異なりますが、
口座資金が取引の損失によって30%を下回った場合、
強制終了(ロスカット)が発動されます。

つまり口座のお金が1万円からスタートでしたが
残り30%の3,000円を下回ると、取引が強制終了されるということです。

ロスカットになれば損失を確定して負けということになり
3,000円が口座に残ります。

そのため今後デモトレードでは
「ここまで為替相場が下がるとロスカットになる」と
把握したうえで取引量を決めて取引をしてみましょう。
※プロトレーダーは全員出来ているくらい重要なことになります。

◆まとめ

・レバレッジは小さい資金で大きい資金を運用できるためメリットと言えるが、利益率が高まり逆に大きい損失も出るため使い方次第ではデメリットとも言える。
・レバレッジの計算式、運用したい資金額÷レバレッジ倍率=あなたが用意する資金。
・自分が利用する証券会社の強制ロスカットの「%」を調べてデモトレードで実際に経験すること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です