FXってなに?初心者集合!

FXで月100万円稼いだ!
FXで50万円から100万円に増やした!
というようなサイトが多い中、FXってなに?と
疑問を持った方も多いと思います。

この記事を読むだけでFXの疑問を取り払うとともに、
あなたの知識として身に付くでしょう。
その知識を元にFXを始めるかはあなたにお任せします。

それではFXについて解説していきます。

◆FXってなに?

FXとは「Foreign eXchange」の省略で、
正式名称を「外国為替証拠金取引」と言います。

日本では主に「外国為替」とも言われており、
FXは為替を利用し証拠金を元に取引をします。

その際に取引する商品は「お金」です。
FXを深く知るにはまず、為替と証拠金について知る必要があります。

◆為替とは?

為替とは、現金を送る代わりに、
小切手などで金銭の受け渡しを済ませる方法です。

ネットショッピングでお買い物をした時の事を思い出してみてください。
まず、ネットで商品を注文をします。
そして、相手の口座に代金を振り込みます。
最後に、振り込まれたことを確認した相手は商品をこちらに送ります。

商品を受け取る為に銀行を利用して金銭の受け渡しをします。
そしてこの為替とは金融機関を指しています。

金融機関とは、銀行やFX会社のことです。
こういった自分と相手との取引に金融機関を利用することで現金を直接遠くへ運ぶときのリスクを避けています。

FXは日本と外国の取引になるため、もちろん為替を利用します。

ネットショッピングの場合は銀行でしたがFXの場合はFX会社を利用します。

◆証拠金とは?

スマホ(スマートフォン)でLINEやゲームをするにも
アプリを入れてから使えるようになりますよね?
FXも同様で取引をするには口座開設が必要になります。

口座開設をしたらある一定のお金を預けます。
銀行の口座を開設した時の最初に預けるあのお金と同じです。

そしてFXで取引をするには口座の中の証拠金が必要になります。
為替と証拠金が解ったところで次はどうやってお金が発生するのかです。

◆FXはどうやって利益がでるの?

FXで利益を出すには、日本のお金で外国のお金(通貨)を買い、
“買った時の値段より高く売る”といったとてもシンプルな方法で利益を出すことになります。

このとき、通貨の価値が同じだと買って売ったところで利益は出ず、
手数料の損益が出るだけになります。

ではどこで価値は決められているのでしょうか?
それは皆さんが1度は聞いたことのある円安円高が関係しているのです。

◆円安円高とは?

円安円高とは、円の価値が高くなる時と低くなる時に使う言葉です。
円安は、円の価値が低くなっている時、
円高は、円の価値が高くなっている時に使われます。

この価値は日本経済の良さが影響しています。
日本全体で最近業績が上がっている場合、
日本の通貨(円)は価値が高くなります。
よって円高が起きます。
反対に事故が多く、業績が不調の時は円安が起こります。

円の価値が高く(円高に)なると海外旅行に安く行くことができます。
それは1ドルを安く両替できるからです。

1ドル=100円を基準に考えてみましょう。
円高は円の価値が高くなるので1ドル=90円のように
1ドル辺りに必要とする円が少なくなります。

逆に円安は円の価値が低くなるので1ドル=110円のように
1ドル辺りに必要とする円が多くなります。

なので海外旅行に行くときは円高の時に出発し円安の時に帰国するのがオススメです。
この様にFXも”円高の時にドルを買い、円安の時に売る”ことで利益を出すことができるという訳です。

実は毎日、円安円高は起きており銭の単位で、
時には円の単位で値が上がったり下ったりを繰り返しています。

そのため値動きを判断するのは容易ではありません。
なので知識をつけてから実際に取引を行いましょう。

◆実はFXは負けている人がほとんど?

そうです。FXは9割の人が負けていると言われています。
ですが1割の中にあなたが入れば9人の損益分のお金が入ってくるということになります。

逆にあなたが9割の中に入ると1割の方にお金を吸われていることになります。
FXで負けている人が9割と多い理由は、
・知識が無いまま始めた
・熱くなって資金管理ができなかった
というようなケースが多く見られます。

なので感情に支配されず、知識をしっかり身に付けた者だけが
1割に入れるということが解りますよね?

この1割に入る方法は努力して知識を沢山身に付けることです。
次はFXの仕組みに入っていきます。

◆FXの仕組み

先ほど軽く話した海外旅行で考えてみましょう。

例えば、行きで1ドル=100円の時に10,000円を100ドルに交換したとします。
帰りに10円の円安で1ドル=110円になっていた場合、
持っていた100ドルを円に換えると11,000円になりました。
利益の1000円はどこから出てきたのでしょうか?

1,000円の利益は、買った時の1ドル=100円に対して、
1ドル=110円になって売ったところにあります。

そこで何通貨運用していたかで利益は決まります。
1ドルで考えると100円でドルを買い110円になって売っていることから、1ドルにつき10円の利益が出ていることが解ります。

これを100ドル持っていたので1,000円の利益が出たということになります。
FXではパソコンや携帯の画面だけで取引ができ、
その取引ができる時間はなんと24時間なんです!

副業つながりの株と比較したとき
株は平日の朝9:00〜11:30までの(前場)と、
12:30〜15:00の(後場)の時間帯でしか利用できません。

逆にFXは土日祝日を除いて24時間取引が可能になっています。
理由として、時差により日本が夜のとき外国は昼、
つまり日本のFX会社が利用できない時間帯に外国のFX会社が利用できるということになります。

◆為替相場の見るべきポイント

次に、1ドルいくらで売買できるかを確認できるツールをご紹介します。
それは「2WAYプライス」という為替相場の動きを確認できるツールになります。

為替相場とは、「自国通貨と外国通貨の交換比率」のことをいいます。

  |BID/売|      |ASK/買|
|100.00.0|0.2|100.00.2|


この2WAYプライスの為替相場では
1ドルに対して売(BID)が100円00.0銭、
買(ASK)が100円00.2銭と表示されています。

この表では1ドルを売れば100円00.0銭になり、
買うには100円00.2銭必要だ、ということを表しています。

そして真ん中の0.2が「スプレッド」といって売買の差額を表しています。
スプレッドは、1回の取引を終了するのに必要な手数料に絡んできます。

その手数料はFX会社の取り分となるので
取引回数が多いとスプレッドが重なってくるので
口座開設ではスプレッドの小さいところを選びましょう。

2WAYプライスは為替レートを確認できる他にも、
現在円安円高どちらに傾いているかも解ります。

自国通貨と外国通貨の交換比率は需要と供給できまります。
円高の時は、ドルを買う人が多く、ドルを売る人が少なくなります。

結果、需給により(買)は安く、(売)は高くなります。
円安の時は、ドルを買う人が少なく、ドルを売る人が多くなります。
結果、需給により(買)は高く、(売)は安くなります。
この上がり下がりをみて(今は円安・今は円高)と判断ができます。

◆少ない資金で大きい利益を出せる?

FXには自分のお金を何倍にも増やして運用し、
利益率を高めることができる「レバレッジ」があります。

早速ですが1ドル100円の場合で考えてみましょう。
1,000ドルの取引をするには10万円が必要です。

このとき証拠金に10万円を預けていた場合レバレッジの倍率でいうと1倍です。
これを日本の法律で定めてあるレバレッジの最大倍率25倍で考えます。

1倍のとき必要だった金額(10万円)をレバレッジ25倍で取引をすると、
100,000(円)÷25(倍)=4,000(円)1000ドルの取引をするのに必要だった証拠金10万円が、
レバレッジ25倍により4,000円の証拠金で取引が可能になりました!

このようにFXではレバレッジの倍率が高い分、安い資金で始められます。

レバレッジは倍率を高くするほど利益が大きくなりますが、
反対に損益も大きくなるハイリスクハイリターンなのでレバレッジは、
リスクを上げるほど利益率があがるよ!ということになります。

◆取引をせずにお金が毎日受け取れるってホント?

毎日お金を受け取る方法としてFXではスワップポイントがあります。
スワップポイントとは「2国間の金利差から得られる利益」のことです。

国の金利は、国の経済成長が関係していています。
あなたの住んでいる日本は1993年のバブル崩壊後の数年以降、
金利が低くなっています。

ちなみに金利が低い日本のような国を低金利国といいます。

スワップ金利で利益を出す方法としては、
取引をする時はまず外国の通貨を買います。

その通貨を売らずに持っている時「ポジションを保持している」といいます。
スワップ金利で利益を出すには、金利の低い国の通貨で金利の高い国の通貨を買ってポジションを保持することです。

では金利とはいったい何なのでしょうか?
金利とは「貸金・預金に対する利子」のことを言います。

あなたはお金を人に貸したり借りたりしたことがありますか?
貸す際には利子を付けて貸したり、借りる際には利子付きで借ります。

この利子が国によって違うため金利差が生まれるのです。
例えば、日本の金利を3%、オーストラリアの金利を6%として、100万円を売って豪ドルを1万通貨購入した後1年間ずっと保持したとします。

金利は%で表され、金利の○○%は基本的に1年間保持したときの利子を割合で表しています。
金利差益を求める時は、高金利の方から低金利を引いてあげます。

豪ドルの金利6%−日本円の金利3%で金利差3%というように求めます。
円で豪ドルを1万通貨購入して1年間保持した場合、
年間で約30,000円を受け取ることができます。

更にここにレバレッジをかけることで、もっと多くのスワップ金利が受け取れます。
そして日本の木曜日、朝7:00にはスワップ金利が毎週3倍もらえるため、
この時間帯の利用者数は当然多くなるので値動きには十分注意しましょう。

※逆に高金利通貨を売り、低金利通貨を買って保持していた場合はどうなるか?
この時は上記で毎日受け取れるといった金利差額を払わなければなりません。

スワップを利用する方は間違えないように注意が必要です。
中にはスワップ金利でコツコツ利益を膨らませている人もいます。

大きい利益を短期間で得たいのか、小さい利益を長期間で得たいかの2つの方法がFXにはあり、スワップポイントは後者になります。
当然前者の方はリスクがついてきます。

ですが知識を沢山身に付けることでリスクを感じない投資家もチラホラいるようです。
スワップポイントを利用する方は保持している通貨の国の経済も知っておきましょう。
不景気な時に保持していると逆に損益につながっていきます。

◆取引に使っていない証拠金は多めに入れておこう!

ここで紹介するのはロスカットとマージンコールというものです。
ロスカットとは「資産を守るためにFX会社が取引を終了させる制度」
マージンコールは証拠金維持率が50%を下回った時に、
証拠金の追加を求めるお知らせがFX会社から送られてきます。

ロスカットは、証拠金維持率が30%を下回った時、
FX会社が発動できるようになります。

強制ロスカットは、証拠金維持率が0%を少しでも下回っ瞬間に強制で取引が中断されます。
ロスカットを防ぐために逆指値注文(損切り)をしておく、
マージンコールの段階で証拠金の追加をするなどして対策をしましょう。

損切りとは、1回の取引につき1万円まで!と自分で設定し1万円の損益が出た場合
取引を1万円の時点で自動決済させるための注文です。

◆便利ツールの紹介

便利ツールの中にDMMFXバーチャルいうものがあります。
DMMFXバーチャルでは実際の値動きがグラフ化されたチャート、
各国の為替相場、ニュースなどが「無料」で見ることができます。

チャートとは「情報の視覚的表示、図、表、グラフのこと」で
為替相場の動きや変化、相場の流れを表してくれるツールです。

FXでチャートは利益を出す為のとても便利なツールになります。
そしてチャートの更新にはインターネット通信が使われているため
Wi-Fi環境が必要になります。DMMFXバーチャルは他にも
ツールやアプリ内のお金でFXの体験ができ、
メールアドレスがあれば短時間で登録ができます。

なんといっても無料でリスクを感じず気楽に実践できるといったところが最大の魅力といえそうです。

◆口座開設

口座開設の流れは以下の通りです。
自分で選んだ会社に申し込みをする。
↓簡単な審査を受ける
↓開設完了通知とともに登録した住所に書類が届く。
これで口座開設は完了です!

あとは書類に書かれているパスワードとIDで取引画面からログインをして好きな時間の好きな時に取引を始められます。

◆まとめ

・FXは外国為替証拠金取引といい円でドルを買い、
価値が高くなってからドルを売ることで利益を出していた

・取引には口座開設が必要

・取引は口座の中の証拠金(預けたお金)の範囲内で取引ができる

・取引相手への直接現金の輸送はリスクがある為、
ネットショッピングでも使われている為替を利用している

・為替は現金の受け渡しを小切手などで行ってくれる金融機関のこと
この金融機関には銀行やFX会社が入る

・1ドル=○○○円は2国の経済状況の良さで変わる日本経済が好調、
またはアメリカ経済が不調なら円高ドル安日本経済が不調、
またはアメリカ経済が好調なら円安ドル高が起こる

・FXで利益を出すには円高で外貨を買い、円安で売るのがベスト!

・FXには資金を25倍までに増やし、運用できる「レバレッジ」がある

・FXでは低金利国の通貨で高金利国の通貨を買い、
保持しているだけで毎日お金を受け取ることができる「スワップポイント」がある
・1日約5時間しかない取引できない株に比べて、
FXは1日24時間取引可能で自分の都合に合わせやすい

・最低4000円から取引をすることができる

・為替レートがわかる「2WAYプライス」為替レートを図、表、グラフで確認できる「チャート」FXの体験ができる「DMMFXバーチャル」これらは全て無料で数分もあれば登録できるのでぜひ試して見てください!

内容を知った上でのインストールは入れた後の「それで何をすればいいの?」というような考えがなくなる為、まずは他の記事で知識を身に付けてよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です