FXとは?【要点だけを解説します】

初心者

FXとは?【要点だけを解説します】

こんにちは😎FXトレーダーのあきらです。
今回はこの内容で記事を書いていきます。

■この記事を読み終わった後のあなた

・FXでお金を稼ぐ仕組みが分かる
・誰でも簡単に始められることを知る
・仕事をしながらでも十分稼げるビジネスモデルだと知る


では早速書いていきます。

◆FXとは?

簡単に言うと通貨の売買です。

通貨には種類があります。
・アメリカ ドル(USD)💰
・欧州連合(EU) ユーロ(EUR)💰
・日本 円(JPY)💰
・イギリス ポンド(GBP)💰
・オーストラリア オージードル(AUD)💰
・カナダ カナダドル(CAD)💰
など以下省略

◆1ドル=100円

これはアメリカの1ドルに対して
日本の100円が同じ価値であることを表しています。

実はこの価値は日々変動しています。
【1ドル=120円】の時もあれば
【1ドル=95円】の時もあります。

FXとはこの価値の変動を利用して
将来どちらの通貨を持っておいたほうが良いのかを当てるゲームです。

◆円高・円安

ではこの言葉も聞いたことがあるでしょう。

簡単に説明すると、
円安は1ドルに対して多くの円で交換できる経済状況のこと。
1ドル=105円
円高は1ドルに対して少ない円で交換できる経済状況のこと。
1ドル=95円

ここはざっくり覚えておきましょう。
では次にいきます。

◆円安円高はどのように決まる?

円安円高は日本経済が良好か険悪かで決まります

良好であれば1ドルに対して少ない日本円で交換できますが
険悪であれば1ドルに対して多くの日本円を必要とします。

◆利益を出すまでの流れを理解する

ここまでの内容で実際に利益を出すシミュレーションをしてみます。
一緒に考えていきましょう。

条件は下記のとおりです。
条件その1:現在のドル円の価格「1ドル=100円」
条件その2:今後日本経済は険悪である

この条件下でトレーダーが取るべき行動を考えてみてください。

◆答えは?

日本経済が険悪ということは円安です。

1ドル=100円から1ドル=100円以上になることが予想されます。
トレーダーがとるべき行動は
①円をドルに交換
円安でドル円の交換比率(レート)が高くなる
1ドル=105円になった
②ドルを円に交換

このシミュレーションでは
100円のお金を動かして5円の利益を生み出しました。
もし動かしたお金が100万円であったなら5万円の利益になります。

このペースで週に1回当て続けられたら理論上FXだけで暮らしていけます

ただ初心者でいきなり当て続けることは現実的ではありません。
じゃあプロはというと実はプロでも生涯勝率は60%に落ち着くんですよ。

意外と簡単…?😏
と思うかもしれませんね。

僕は初心者のころ正直勝率60%はいける思いましたよ🤣
まぁ勝率だけではないことを後に理解し最終的には
今の僕の投資スタイルでは50%にも到達していません。

でも稼げています。そのカラクリは別の記事で説明しますね。

とにかくしっかり自分の投資スタイルを確立できれば
毎月20万円といわずもっと巨大な収益をたたき出すことは可能です。

そのためにも確実に基礎だけは学んでおきましょう。

◆ネット上で通貨の交換をしてくれるFX会社

通貨の交換ですが、これはFX会社が代わりに行います。
FX会社はいわばトレーダーとトレーダーをマッチングさせる会社です。

・FX会社の仕組み
トレーダーは自分のタイミングでスマホかパソコンで「買い」か「売り」を注文
FX会社はトレーダーの注文を一瞬で世界の反対注文をしているトレーダーとマッチングさせる

買えるということは世界のどこかで売ってる人間がいる
売れるということは世界のどこかで買ってる人間がいる
ということです。

そしてトレーダーはこのFX会社に登録して口座を作る必要があります。
スマホを使うために「docomo・au・Softbank」と契約するのと同じようなものとお考え下さい

口座を作りお金を入れたら実際の取引ができますが
初心者のうちは僕の経験上どんな天才でもお金を溶かすだけなのでしっかり
FXの本質を学んでからお金を入れましょう。

それまでは貯金や自分のスキルを磨くのにお金を使うことです。
本質を掴むまではFX会社に登録することで利用できるデモトレード
で感覚を掴むところから始めてください。
※デモトレードとは、本物のお金を使わずに実際の取引を体験できるトレードのこと。

ちなみに僕は日本の証券会社(FX会社)には登録していません。
海外のTitanFX(タイタンFX)とXM(エックスエム)に登録しています。

◆FXの証券会社を選ぶポイントは基本2つ

その2つとはレバレッジとゼロカットです。
・レバレッジとは、少ない資金で大きい資金を動かせる仕組みのことです。

レバレッジは、よく「〇〇倍」と表記されています。
レバレッジ100倍で簡単に説明すると
資金の100倍、1万円でいうと100万円分の取引ができるということです。

日本:25倍や10倍が基本
海外:100倍200倍500倍888倍が基本
となります。

・ゼロカットとは、証券会社に預けているお金以上の損は出ない仕組みのこと

リーマンショックやコロナショックなどの価格が大きく一瞬で動くと
多くのトレーダーの注文をさばいている証券会社も
膨大な注文が集まりさばききれないことがあります。

さばききれないとトレーダーの注文が通りません。
損失を出しているトレーダーがいたとして
これ以上損失を出さないように損を確定させる注文「決済注文」をだします。

しかし注文が通らない。😦

落ち着いたころで注文が通り口座に入れていた1万円の損失のはずが
100万円の損失で確定してしまった。

極端ですがその場合この99万円を
「しっかり払ってね」というのが日本の証券会社で
「この99万円はうちで負担します」というのが海外の証券会社です。
そしてこの仕組みがゼロカットシステムになります。

ちなみに僕が口座を開設している証券会社のTitanFXとXMはこのゼロカットシステムを取り入れています。

それ以外に見ていかなければならない点もありますが
初期段階はこの2点で大丈夫です。

◆まとめ

・FXは通貨の売買である
・FXで利益を出すには通貨と通貨の交換比率の変動を予測して当てるだけ
・FXをするならFXの証券会社(FX会社)に登録する必要がある
・FX証券会社を選ぶポイントはレバレッジとゼロカットである

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です